ケイビーエス 社員ブログ

多言語『翻訳・DTP・印刷・WEB』 ケイビーエス株式会社 社員のブログです。

フル・ハイビジョンで映像を撮る

Posted by : others.

●8月21日から、ビデオカメラの映像をフル・ハイビジョンで撮ってみることにした。
今までもハイビジョンで撮影をしてはいるが、「フル」ではない。
ハイビジョンカメラは有効画素数1440×1080(HQ画像)と、1920×1080(FX画像)がある。つまり、画素数1920×1080がフルハイビジョンだ。いままで、私が撮っていたハイビジョン映像は有効画素数1440×1080だ。
その違いはよくわからない。ハイビジョンのテレビで見て、その区別がわかるか、今のところ、私にはよくわからない。
フルハイビジョンで、撮影することにはリスクも多い。
映像データをメモリスティックに保存するが、4GBでHQ画像(有効画素数1440×1080)での撮影は50分取れるのに対し、FX画像(1920×1080)では約半分の25分しか撮影できない。つまり、いままでの時間より半分以下の時間しか取れないのだ。バッテリーの消耗も早い。
このようなリスクをあえて負いながらでも、映像がどの様に違いが出るかを試すことにする。

●私は以前からビデオカメラで、いろんなものを撮影している。
いつから始めたかはよくわからない。1965年に撮ったテープがあるが、多分もっと以前からであろう。
「KBSまだん」の2階には私が撮影したビデオテープがどっさりと置かれている。
いつかちゃんと整理せねばならないと思う。

●ソニーから、民生用のハイビジョンカメラだ出た。HDR-HC1という機種。
私はこれを2005年7月に購入し、この時からハイビジョン(HD)での撮影を始めた。
建国幻のフィルム製作での現代の部分の撮影は、このカメラで撮影したものだ。しかし、実際編集にはハイビジョンでない標準の画質(SD)に落として編集し、DVD制作をした。
まだ、ハイビジョンのブルーレイDVDが一般的に使われていないからだ。

●その後、変化が起きた。
今まではminiDVというテープに撮影データが保存されていたのが、撮影データをハードディスクやメモリに保存するようになった。
私もその流れに乗って、ソニーのHDR-TG1というカメラを2008年5月に購入した。
これはメモリスティックに撮影データが保存するようになっている。カメラにモータがない分、小さく軽くなった。しかもこのカメラは小さいので、ポケットに入れて歩けるので、本当に携帯に便利だ。しかし、小さい分、画質が劣るような気がした。また、撮影の時、安定感がない。
手ぶれ補正に強いカメラが出た。HDR-CX520Vだ。これは、暗いところも強い。静止画の写真も、まあ満足がいく画質といえる。このカメラを2009年8月にゲットし、もっぱら、このカメラで撮影している。
このカメラでフル・ハイビジョンの映像(FX画像)を撮っていくつもりだ。
試してみて、その違いがあまり変わらないのなら、またHQ画像に戻すことにする。

しかし、カメラはより小さく、より質の高いカメラが求められる。
次はどんなカメラが出てくるだろうか。

エコを考える?

Posted by : uema.

我が家では例年8月15日に精霊流しを行ってきた。供え物やろうそく、線香などを積み込めるような船を作って近くの神崎川に流して故人を送るというものである。橋の中央から風向き等を考えて、ろうそくの明かりが消えずにうまく流れて行くと、家族は皆「ちゃんと、帰って行った」と喜んで送っていたのである。

ところが今年、妻が8月14日の読売新聞を見て、「精霊流しはエコに反しているというような記事が出ているよ」と言ったので、「そやな、ほんなら今年から止めよか」と私。すると、「ほんまに止めんのん?」と何やら不満そうである。しかし「そらやっぱり時代を考えんとなぁ」ということで、今年からは止めることにした。もちろんエコを思う気持ちもあるけれど、内心は「やれやれ、やっと船作りから解放された」というのもけっこう強くあって、私はホットしている。鮒釣りを趣味としているので、よく釣り場にゴミが流れてきたりすると気になるし、「いったい誰がこんなん流すんや!」とつい思ってしまうぐらいに色々なゴミが川に捨てられている。行事と言えども、水質汚染や生態系に悪影響を与える行為には違いないのだからやはり止めるべきだろう。

長年行っていたお盆の行事が一つ減ったことで、妻も子供たちも何か気が抜けたようで、ちょっぴり寂しそうではあったが、それも今年だけの事で、来年からは、それが当たりまえになるのだから………。

お盆のすごし方。

Posted by : inagi.

こんにちは、制作部の稲木です。

今年のお盆はボーリングへ行ったり、バーベキューをしに川へ行ったり、花火をしたりしました。

ハードスケジュールがたたったのか、息子が熱を出して寝込む結果になってしまいましたが、

それでも「たのしかったね」「またいこうね」と満面の笑みで言われると行った甲斐があったというものです。

遊ぶのに夢中で写真を撮るのを忘れてました。

地味な感じになってしまってスイマセン。

今年の夏は、久しぶりに帰省した。

Posted by : よこさわ.

今年のお盆休みは、久しぶりに帰省した。13日〜15日まで、ちょっとした小旅行だ。都会の喧噪を忘れさせてくれるところでもある。そんな私の田舎は、観光でしか外部からの収入を得ることができない所なのに、都会からの観光客にもっとアピールしなければ、なんて思ってしまう。このすばらしい自然がいつまであるのか、地元の人々は考えないのだろうか?いや、考えてはいるけど、開発と存続の狭間を行き来しているのだろう。まずは今の生活があってのことですからね。

つづきを読む…

今年が終わるまで。。。

Posted by : ryu.

今年の目標はインターネットや友人から買ってもらった本を全部読み終えることです。

正直、私は本を読むのが嫌いです。でも、不思議に本を買うのは好きです。困ったもんでしょう。

気に入った本はどうしても手に入れたいですが、いざ手に入れてしまうと本棚にきれいに展示して置きます。

子供の頃から本を持って歩くのは好きだったみたいですが、内容はよくわからなったようです。

それでいつも兄にあらすじを聞いて、自分が読んだかのように人の前で熱く語ったそうです。ハハハ。

もう、こんな癖は捨ててとにかく今からでもきれいに展示されている本を一冊ずつ読み終えたいと思います。

謎の応募メール

Posted by : koh.

最近、KBS宛に英語教師になりたいという英文の応募メールがよく来る。
KBSのホームページには、スタッフ募集フォームを設けて、
随時翻訳者等のスタッフを募集しているが、英語の教師の募集はしていない

はて? どこか他の会社と間違えているのか?

実は、こういった勘違いのメールはこれまでもよくあった。
kbsjapanというサイト名のせいか、韓国の国営放送局KBSの日本支社
勘違いされ、テレビ局スタッフや、中にはタレント志望の人まで、応募があった。

余りに多いので、一時期スタッフ募集フォームに
「弊社は韓国のKBS放送局とは無関係です」
という注意書きを掲載したくらいだ。

最近は、KBS放送局の日本語サイトがちゃんと開設され、
そういった勘違いメールはほとんど見かけなくなったのだが、
今回は、英文での英語教師応募メール…。

メールにはちゃんとKBS宛と書かれているので、他のKBSという社名の会社で
英語教師を募集しているところがあるのだろうと、ウェブ検索してみた
ところが、なかなかそれらしいところが見つからない。
もう少し絞り込むために、「KBS」「english」「teacher」とキーワードを増やして
検索してみた

すると…ありました。
英語教師募集の英文広告だ。
佐賀市の小中学校の英語教師を募集とのことで、社名がKBS Co. Ltdになっている。
ところが、このサイトでは応募するには、会員登録の必要があり、
社名以外の情報が記載されていないのだ。
多分、応募者が、サイト登録をせずに、ウェブ検索で社名を検索して
直接応募しようとしたのだろう。

案の定、このKBS Co. Ltdというキーワードで検索すると、
我が社のサイトが一番に表示されるではないか。
さらに、その少し下に北九州市の株式会社KBSという人材派遣会社のサイトがあり、
この会社で英語教師を募集していることがわかった。

我が社は、日本語の他にも、英語のページがあるので、
応募者が勘違いしてしまうのかも知れない。

謎のメールの原因は解決したのだが、
今は、このことを株式会社KBSさんにお知らせするべきかどうか悩んでいる。

フィルムスキャナーで過去を冒険

Posted by : others.

ひょっとしたことで、フィルムスキャナー
に出会った。
引き出しなどに埋もれている、昔のネガフィルム。
何が写っているか、すっかり忘れている。

フィルムスキャナーで覗いてみると、過去が見えた。
ようし!これで、過去を冒険しよう。

今日は1968年へ、過去の冒険。

KBSの前身、僑文社が誕生した。KBSはKyoBunSyhaの頭文字。
専務が活字を拾う文選を行って、私は組版、印刷をする。手差しの活版印刷機だ。

この年、現社長である允男君も生まれた。
つまり、KBSとKBSの社長の年は同じだ。

裄出し

Posted by : others.

最近、浴衣と夏着物の「裄(ゆき)出し」に挑戦しました。(ゆき)とは、

 

の長さのことで、「裄出し」は裄を長くすることです。私は現代より昔のアンティーク柄が好みのため、買う着物の丈と裄が短いのです。私は身長160cmなのですが、アンティーク着物は大体145~150cmくらい。これは昔の日本人は今よりも身長が低かったためです。丈は着るときになんとか調整がきくのですが、裄は難しい。そこで、裄出しに挑戦してみました。

(1)糸をほどいて袖をはずします。

 

(2)折り返している隠れた布を出して長さを出します。

 

(3)好みの長さにして、再び縫います。完成!

 

着付けを習った時、先生が「裄が短いと働きもんみたいになりますよ」と言っていましたが、少し長さを長くしてやるだけで確かに優雅な感じがする気がします。

 

他の夏着物と浴衣も合わせて4枚裄出しをしました。普段裁縫はボタンつけくらいしかしないので、結局約2ヶ月かかりましたが・・。

今年の夏の準備はばっちりです☆

  

  

書き出し

Posted by : others.

制作部のkojaです
上阪して早2年。

KBSも2年生になり普段は紙の組版をしたり、最近ではWEBのお仕事も少しずつ担当しております。

また、今回このブログ立ち上げに関わらさせて頂いたのですが、

四苦八苦しつつも皆さんのおかげで無事公開に至り、胸を撫で下ろしている状態です。

今後は楽しみながら仕事のこと、

趣味のこと書き綴れたらと思います

ドット打をした後に絵文字パレットの存在に気づいたそんな古謝でした

甲子園、夏、高校野球がやってきました

Posted by : sute.

制作部のsuteです。1954年生、在日韓国人二世、李秀泰。物心がついたころからアボジ(父)に野球につれていってもらいました。大阪球場では、野村監督が4番まっさかりの頃。甲子園では村山、バッキー…。そのころから、物真似をよくやってました。年がいくにつれ、高校野球に心が躍ります。春、夏とも最低1回は聖地甲子園に足を運びます。いつか全試合をバックネット裏で観ることを願って…。
最近、小学校時代のTomboの24穴複音ハーモニカが出てきて、音はくるいもなく、見事に鳴ってくれます。いま、60年代後半の頃を思い出して、ハープにギターで歌ったりし始めてます。写真は懇意にしていただいている新井社長と天六の音太子屋で過ごした夜です。

▲このページのトップへ