ケイビーエス 社員ブログ

多言語『翻訳・DTP・印刷・WEB』 ケイビーエス株式会社 社員のブログです。

植物って逞しい

Posted by : よこさわ.

人は心配事や悩み事があると、食欲がなかったり、夜眠れなかったりする。逆にストレスを感じて、ガバガバ食べ好きちゃったりする人もいるだろう。人は考える生き物ですからね…。

KBSまだんの裏側と以前の出力室の間にちょっとしたスペースがある。以前そこには木が植わっていたが、もうそれはなく、その場所はセメントで固められている。セメントで固められてはいるものの、そのわずかな隙間から草が伸びている。

それを見てると、人が感じるストレスとかって大したものじゃ無いんじゃないかと思える。植物って逞しい…、人もそんな強い心で生きていけたらいいのにね。

言い間違い

Posted by : matsumoto.

娘と買い物へ行く途中、道の真ん中を歩いていたので

「自転車来たら危ないから、橋の真ん中歩かんと端を歩きなさい。」と言ったら、

「おかーさん、そーゆーのって『どーん、びぎ、ごーん!』って言うねんで」

と、得意そうに教えられました。

どーん、びぎ、ごーん…って何ですか。

大体「そーゆーの」はどれを指すのですか。

スーパーで買い物している途中で閃きました。

「同音異義語!!(橋と端)」

 

意味は理解してたんだけどなぁ…がんばれ、2年生!

 

お酒のメッカ灘西宮で酒蔵巡り

Posted by : よこさわ.

阪神今津駅から阪神西宮駅あたりまでは、お酒のメッカ灘西宮で酒蔵がいくつかあります。2月の初めから3月の初めまで、毎週土曜日や日曜日には酒蔵の見学ができたりして、蔵によっては試飲もでき、お酒が好きな人にはたまらないデスね。

韓国語教室の皆さんと、先週の土曜日にそのお酒のメッカ灘西宮に行って来ました。毎年一番早く始めるのが寳娘の蔵で、実は今回で3回目の蔵巡りでした。

11時からの見学で私たちは10時20分頃到着したのですが、すでに多くの人が並んでおり、人気の高さが伺えます。以前は蔵の中を色々と見学できたのですが、今は安全上取りやめになったそうです。それでもここ寳娘ではしぼりたて原酒の試飲ができ、そのしぼりたて原酒も購入することができます。この原酒はしぼりたてそのままで一切加水されておらず、アルコール分やエキス分は市販のお酒とは比べ物になりません。口あたりのよさ、生酒独特の風味はなんとも言えぬ味わいです。

見学の後、近くの公園でちょっと一杯やったりして…。駅に戻るまでの間、他の酒蔵の直営店が幾つかあって、そこに立ち寄るのも楽しいひと時です。またお酒だけでなく、酒粕を買って帰るのも楽しみの一つで、粕汁を作ったとか甘酒にしたとか、次の教室で話の花が咲くのも楽しいものです。

サンドイッチトースタを使ってみた

Posted by : よこさわ.

今年の忘年会、恒例のビンゴ大会で当たった二等の景品は、サンドイッチトースタ。

詳しい説明書はなく、ただ「トーストに好きなものを挟んで焼くだけ…使用するサイズは八枚切りのトーストを…」くらいしかなかった。

まあ、とりあえず使ってみようと、先日それでトーストを作ってみた。

実は、うちの近くのスーパーには八枚切りのパンが置いてなく、仕方がないので四枚切りのものを買ってきて、自分でスライスした。

 

出来上がりは写真のような感じ。

ちょっと凝ってトーストのまわりには卵を塗ってみた。中にはハムとチーズをサンドして…。

うーん、美味しくできたかな?

2016年 社員旅行 in 徳島・高知

Posted by : kanayama.

こんにちは、金山です。

先日、1泊2日で社員旅行に行ってきたので、その模様をお伝えします。

今回は徳島・高知!

バスツアーに参加したのですが、ツアー名が「神秘の青・仁淀ブルーと四国秘境めぐり」。

個人ではなかなか行くことはない秘境を巡ってきました。

 

1日目—

s_027  s_dsc00023  s_051

大歩危峡(おおぼけきょう)の遊覧船。 普段、見ることのない角度からの大自然。

 

s_20161111_061236279_ios  dscn0796  s_img_0228

続いて、祖谷(いや)のかずら橋。足元の木と木の間隔が結構あいていてスリル満点でした。

 

s_dsc00046  s_dsc00064  s_dsc00070

ホテルでの夕食後、お部屋でちょっとした宴会。部長、恒例の踊りを披露 ↑

 

2日目—

s_dsc00092  s_20161112_025955260_ios  s_dsc00102 s_dsc00099

中津渓谷。仁淀川の水がコバルトブルーでとても綺麗でした。

雨竜の滝(写真右端)までの道のりも、何だか迷路みたいでわくわくしました。

 

s_dsc00110  s_20161112_053140061_ios  s_dscn0876

最後は八坂神社の杉の大スギ。なんと推定樹齢3000年!国の特別天然記念物です。

若かりし頃の美空ひばりさんが、日本一の歌手になることをここで願ったそうです。

(写真右:遺影碑)

 

ツアー名のとおり、秘境を満喫した2日間。

宿泊先のホテルに阪神タイガース一団も宿泊していたり、

休憩所でクラシックカーの一団がいたり、

なかなかバラエティに富んだ旅行でとても充実しておりました。

次回は、今回参加できなかった方々も含めてみなさんで行けるといいですね。

以上、社員旅行の模様でした~。

大阪府鉄道新設中か

Posted by : 呂咏鴻.

久しぶりに投稿をさせていただきます。今日Wechat(中国版ライン)の友達ネットワークの中でニュースフォトを見ました。JRおおさか東線新設駅西吹田駅(仮)でした。関西路線図などの仕事をしており鉄道に興味がある私は全然知りませんでした。びっくりするほど初めて知りました。調べてみましたら、本当にあります。以下のようです。

大阪から放射状に延びる既設の鉄道路線を連絡する目的で、東海道本線の吹田駅から放出駅を経て関西本線の八尾駅に至る片町線の貨物支線である城東貨物線を旅客線化し、完成後は、新大阪駅から久宝寺駅を結ぶおおさか東線(正式名称決定までの仮称は大阪外環状線)として、西日本旅客鉄道が第二鉄道事業者として運営、大阪外環状鉄道は第三種鉄道事業者として施設を保有する。2019年(平成31年)春ごろ – おおさか東線 新大阪 – 放出間開業、全線開通予定。(Wikipediaより)

しかも大阪外環状線(仮)という。毎日JR大阪環状線を利用して通勤する私は興味深いですね。まあ、利用しないですけど、将来路線図変更による仕事も増えるかなと思いますね。

312200307519658331

↑ Wechat友達のニュースフォト西吹田駅(仮)(朝日新聞中国語HPより)

sotokanmap02

↑ 建設中のJR大阪外環状線(仮)路線図

 

 

百済の古都、公州に行ってきました

Posted by : よこさわ.

DSCF1164s

公州は忠清南道のほぼ中央にある都市だ。釜山を17:50のKTXに乗り大田まで。大田の到着は19:30頃。そこから地下鉄とタクシーを乗り継いで公州市まで行く。公州のホテルに到着したのは21:00頃だった。

翌朝、朝食前にホテルの近くを散策。近くに公州市の運動場があり、そこにはワッソの船が置かれてあった。

公州市の運動場

公州市の運動場

ワッソの船

ワッソの船

朝食後、最初に向かったところは、国立公州博物館。

DSCF1139s

国立公州博物館

見学した後、宋山里古墳群へと移動。宋山里古墳群は百済の第25代王の武寧王(462〜523年)や王族のお墓がある古墳群だ。古墳は外からは見ることができるが中には入れず、中のようすは宋山里古墳群模型展示館で見ることができる。薄暗い館内には、古墳内部を本物そっくりに再現した部屋があり、その他金でできた首飾りや王冠などが展示されている。

宋山里 6号墳

宋山里 6号墳

宋山里 5号墳

宋山里 5号墳

武寧王陵

武寧王陵

公州 宋山里古墳群 標識

公州 宋山里古墳群 案内板

宋山里古墳群模型展示館

宋山里古墳群模型展示館

古墳内部の様子

古墳内部の様子

DSCF1176s

その他旅の様子は、ハングルネットのブログに書いていますのでご覧ください。

「百合」の漢字の由来

Posted by : matsumoto.

先日、専務との雑談中に

「百合(ユリ)の花はどうして百が合うと書くのか?」

と専務が疑問に思われ、さっそくネットで調べてみました。

よく茶碗蒸しなどに入っている百合根。

言わずと知れた、百合の球根ですが

これは、植物学では鱗茎と言うそうで1枚1枚めくれます。

このめくれた1つ1つを鱗片と言うそうですが、

1つの鱗茎の鱗片が、およそ100個。

そうです、百合の漢字の由来は花ではなく百合根が語源なのです。

 

百合は中国語では百合花、韓国語でも백합(百合花)だそうです。

百合根

百合根

 

大阪南港魚つり護岸

Posted by : inagi.

日曜日に「大阪南港魚つり護岸」に行ってきました。

朝3時に起きて5時の開園を待ち開園と同時に釣り場に向かいましたが

そこで待っていたのは護岸に打ち付ける高波。

一瞬帰ろうかと思いましたが、ベテランのおっちゃんが

「奥の一段高いところなら出来るかもしれない」と言うので行ってみると

少しだけ場所があり(赤枠の場所)、糸を出すことが出来ました。

IMG_8190

 

 

 

←赤枠の部分にいれば濡れません

 

 

 

 

 

IMG_8198

 

 

 

 

 

小サバ、豆アジ、サッパ 計100匹

釣果はまずまずでした。

 

 

 

IMG_8196

 

 

 

 

 

ただ

柵の間に置いてあった竿に魚が勝手に食いつき

竿ごと持って行かれました…

持ってる竿で一番新しいのに…

梅雨の合間の古墳巡り

Posted by : よこさわ.

石舞台古墳
石舞台古墳 6月18日の土曜日、韓国語教室の益田先生と大野さんの三人で、近つ飛鳥博物館「古墳とは何か—葬送儀礼からみた古墳—」に行ってきました。普段あまり考古学などには接しない私には、いい体験です。特に考古学に詳しい大野さんがおり、展示物のひとつでもより深い見方ができるかもしれません。古墳時代を思い巡らしいると、ちょっと足を伸ばして明日香村の石舞台へ行こうということになりました。実は以前から石舞台に行ってみたいと思っていて、今回ようやくそれが叶ったのです。

梅雨の合間の晴れの日で、この季節は木々の緑が青々としています。石舞台の周りもまた緑が多く、ちょうど良い季節に来たのかなと得した気分。以前は外からでも石舞台が見えたそうですが、今は堀の周りを樹木で覆われており、外からは見えません。実際近くで見ると、思っていたほどの大きさではなかったけれど、写真で見るより実際に見たほうがよかったです。

石舞台の次は、近くにある高松塚古墳へ立ち寄りました。ここの「高松塚壁画館」では模造の壁画が展示されています。模造と言っても私にとってはちょっと感動のひと時でした。

石舞台古墳

明日香村の石舞台古墳

高松塚古墳

こちらは高松塚古墳

明日香村の周辺は、レンタサイクルなどが整備されており、今度あまり暑くない季節、自転車で明日香巡りもいいかななんて思いました。

▲このページのトップへ