ケイビーエス 社員ブログ

多言語『翻訳・DTP・印刷・WEB』 ケイビーエス株式会社 社員のブログです。

KBSまだん韓国研修旅行〜鬱陵島〜 2014

Posted by : よこさわ.

明け方の高速道路、霧の中を猛スピードでバスは走る。朝7時頃 강릉 に到着し朝食をとる。鬱陵島ヘ行く船は8時の予定だ。船に乗るとき、日本人は島に行く目的を聞かれ、パスポートの顔写真のページの他にも念のためにといって顔写真を撮られる。天気はよかったのだが、波が高かったらしい。思いのほか船は揺れていた。

朝食は順番待ち

朝食は順番待ち

美味しかった

美味しかった朝食

乗船前

乗船前

鬱陵島は、直径10kmくらいの小さな島だ。平らなところは海岸沿いの道だけで、他はほとんど坂道ばかり。案内してくれた運転手さんのいうには、島にあるガソリンスタンドは3カ所だけ。島はおおよそ鬱陵邑、西面、北面とに分かれており、海岸沿いの道は、島を一周するには至っておらず、北のはずれまで行くと、また来た道を戻ることになる。島を訪れる観光客の多くは皆、登山の格好をしていて、聖人峰や展望台には自分の足で登るのだろう。

鬱陵島の地図

鬱陵島の地図

最初は西面の海岸沿いを北上し、성하신당から次は北面の海岸を走る。天気もよく、海も山もすばらしくきれいだ。島の印象としては、岩だらけのイメージだったが、実際は樹木が多く繁っており、緑の島だ。현포전망대からの眺めはとてもきれいだった。同じような形をした雲が幾重にも重なり、水平線の彼方まで続いている。

鬱陵島の景色

鬱陵島の景色

さらに北面を東へと移動し、관음도が行き止まりの地となる。さすがに海は蒼と感じる。それから次に向かったところは羅里洞。村人がゆでたトウモロコシを売っていて、そのトウモロコシがとてもおいしかった。羅里では他にマッコリを飲んでのどを潤した。ミョンイという葉の漬け物がおいしい。

나리촌

나리촌

ミョンイという葉の漬け物

ミョンイという葉の漬け物

鬱陵島 夕暮れ時

鬱陵島 夕暮れ時

やがて夕暮れが近づき、帰り道に夕陽がきれいだったので、車を止めてくれた。一旦宿に戻って、夕食は薬草牛のプルコギを食べに出かける……。

 

“KBSまだん韓国研修旅行〜鬱陵島〜 2014” への1件のコメント

  1. ジョン ソク ウォン より:

    お久しぶりです。韓国のジョンです。
    覚えてますか?^^
    たまにKBSホームページでみんなのお話や写真を見ています。(のぞきではありません。^^;)
    私も行ってないところへ行って来ましたよね。
    すごいです。
    私もいつかは行ってみようと思ってますが。。。
    これらの写真やお話をみるだけでもドキドキします。

    いつか韓国の来たら連絡ください。
    いまもさけは飲めませんが、日本語は
    まだ覚えてますので、お話はできると思います。

    すてさんやその時の部長 専務 社長など
    あまり変わってないですね。
    みんなによろしくお伝えください。

    では、メールアドレス書いておきますので、
    ぜひ連絡お願いします。

    あ。いなぎさんにもあいさつをよろしく。。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページのトップへ