ケイビーエス 社員ブログ

多言語『翻訳・DTP・印刷・WEB』 ケイビーエス株式会社 社員のブログです。

韓国語教室の皆さんと京都に

Posted by : よこさわ.

DSCF0561s先週の土曜日(8/29)、韓国語教室の皆さんと京都に行ってきました。
高麗美術館、錦市場、鴨川納涼床など例年と同じコースですが、残念だったのはあいにくの天気で、納涼床が室内になってしまったこと。それでも楽しい一日でした。
DSCF0572sDSCF0573s

七夕の願い事

Posted by : matsumoto.

KBSのブログに、娘の短冊を載せて早3年。
今年の願い事は…
せかい(い)ち えらい
だいがくに いけますように
…ほんまかぁ?
世界一の「い」が抜けてて行けるかぁ?
縦書きの時は、右から左に書くこと
知らんかっても行けるかぁ?

まぁ、11年後に期待しておきますね…(笑)

ほんまかぁ?

ほんまかぁ?

母校の新校舎竣工式に参加

Posted by : koh.

去る5月9日(土)に、私の母校である白頭学院建国幼・小・中・高等学校(以下建国)の新校舎竣工式があり、僅かではありますが募金もさせていただいたので、招待されて参加してきました。

建国は、大阪市住吉区にある、数少ない韓国系の民族学校で、終戦間もない1946年に創立されました。学校について詳しくは、公式サイトに掲載されているので、そちらをご覧ください。

建国公式サイト:http://www.keonguk.ac.jp/

学校の正門

学校の正門。左奥に見えるのが新校舎

式典は、伝統芸能部の学生たちによるパフォーマンスにて幕を開けました。このパフォーマンスが部活動とは思えないほど素晴らしかったです。

伝統芸能部

伝統芸能部による農楽

また、式典が終わってからは授業参観があり、久しぶりに学生たちの授業を参観しました。モニターやインターネットなどを駆使して授業をしていたのが印象的です。

靴箱に生徒の名前があったのですが、半分ぐらいは日本の名前で、民族学校なので通名を使わないことを考えると、半数は純日本人や韓国人と日本人のハーフ、また帰化した子なのだと思います。時代の流れを感じました。

IMG_0549IMG_0551

また、展示室には新校舎竣工を記念した銅板が飾られており、そこには私の父である高仁鳳の名前もありました。彼が生きていてこの光景を見れたらさぞかし喜んだことでしょう。

IMG_0555IMG_0556

 

CSS3 備忘録

Posted by : よこさわ.

CSS3になってからホームページをコーディングする時、それまでは画像を使って表現していたことが、スタイルシートだけでできてしまうといったことを、以前も書いたと思う。

patterns

画像を使わなくても表現できる

グラデーションをかけたり、影を付けたり、角丸にしたりといったことは、CSS2の時代にも使用したことがあったので、記述も比較的簡単に覚えられたのだが、それがパターンだったりすると、頭がこんがらがってしまう。綺麗なパターンでも、複雑になればなるほど記述も大変だ。

そんな時はあらかじめ作って置いて、いつでも見れるようにしておけばいいですよね。

中国人観光客殺到、「京都陥落」

Posted by : 呂咏鴻.

20150406150644_S70K 20150406150714_rrnd 20150406150746_zEuV←上海の朝刊「新闻晨报」に載った写真

そろそろお花見の季節は終わりますね。最近、出かけると、至る所中国人観光客だらけですね。上の写真は先週週末の上海市地方朝刊「新闻晨报」に載った新聞記事の写真です。そして中国国内の多数のメディアとインターネットに転載されました。中国語のタイトルは「这真是日本?——清明节期间京都“沦陷”   中国游客挤爆清水寺景区」です。日本語に訳すと、「ここは本当に日本なのか?--清明節に京都は『陥落』 中国人観光客は京都清水寺地区に大挙押し寄せる」です。(清明節休暇(4月4~6日の3連休)、清明節(4月5日)は中国のお墓参りの祝日です。沖縄でも同じこの時期だそうです。)

実は、円安とビザ緩和によって、旧正月から、中国人観光客が殺到しました。旧正月の次は、お花見シーズン(ちょうど中国国内の清明節連休)、このような状態はたぶん中国の5月1日メイデーGWまで続いていくだろうと聞きました。旧正月だけで45万人の中国人が日本に入国し、60億人民元(1140億円)を消費したそうです。前年より激増しました。先月日本へお花見をする中国人観光客が急増したため上海日本領事館のビザの用紙が不足するというニュースがありました。さすがに、最近東京や大阪の各ホテルはベッド数が足りなくなったそうです。上の三枚目の写真はあるホテルの写真です。(笑) いろいろな報道と統計数字を見れば、たぶん今年の日本の旅行業界は予想より早く目標を達成したと見込まれていますね。もう一つ面白いことは、中国人観光客が日本へ殺到したことによって、新しい言葉も出て来ているようです。例えば、爆買い、爆宿、爆花見・・・

中国のネット上ではこの現象に対して色々な論点が出ていますが、その中の一つとして、「俺たち庶民とは関係ない話。海外旅行そしてそれほどの消費できるのは一部の裕福な人だけ」というのが挙げられています。それは本当に確かに過言ではないです。

でも・・・いいことですね。来てほしいですね。(笑)

 

四国うどん旅

Posted by : matsumoto.

うどん大好きな母子のために、

ソバ派の主人がうどん旅に連れて行ってくれました。

うどん先輩(稲木チーフ)に何店か聞いて調べて、

うどん屋をはしごするつもりだったんですが

そんなにうどんに興味のナイ主人と

行っても閉まっていたり、すごく並んでいたりと

結局は1件だけでしたが、満足満腹でした!

山下うどん

山下うどん

ゆで加減が抜群!

ゆで加減が抜群!

豆まき

Posted by : uema.

今朝、通勤途中の道々で、豆がつぶれて黄色く路面にへばりついているのが目についた。
そうだ、昨日は節分だった。最近では節分と言えば「恵方巻」を連想する人は多いと思うが、豆まきをする家庭も、まだそこそこあるのだと感心した。豆まきで思い出したのが昨日の宅ファイル便のメルマガ第0538号に次のような「いちびり川柳」が出ていた。
  「ティッシュ敷き そっと豆のせ 鬼は外」
確かに豆まきというのは、「福は内、鬼は外」と威勢よく豆をまくが、あとの始末が大変である。特に「福は内」でまかれた豆は、家の中のどこに転がっていくかわからないので、数日してから思わぬ所で見つけることもしばしばあります。なので、この川柳の作者の気持ちは大変よくわかります。
これを見た私が、家で家族にこの川柳を披露したためか、昨日の我が家の豆まきは「福は内」の豆をザルに投げ入るようにしたそうです。━何ともよう言わんは━
さて節分も過ぎ、今日は2月4日「立春」に当たります。そのせいか、ここのところ寒い日が続いていたのに、今日は陽射しも良くポカポカと暖かく感じます。昔の人が今日を「立春」と決めたのは、まんざら根拠のないものでもないのかな……と少し感心する。
寒がりの私は、この暖かい日和が続いてくれるように祈ります。

私が新聞に載った!

Posted by : 呂咏鴻.

DSC_1101

これは関西華字紙(中国語新聞)「関西華文時報」2015年1月1号です。私はこれに載りました。お正月帰国して日本に戻ってきた後の新年のプレゼントですかね。

「日中を翔る」というコラムで掲載されている「街角の日中交流の10年目を迎える 毎週日曜日 大阪・千日前で」というタイトルの記事です。これは私が毎週日曜日参加している日中交流のサロンを紹介しているものです。このサロンの多くは中国語を習い、中国へ留学・仕事・生活した経験があり、中国語が普通に喋れる日本人が中国人と中国語で気軽に交流するグループです。実はこの活動は2005年に発足して10周年になります。特徴は自発・自由・気軽さです。しかし、去年までの二年間ぐらい前代管理人(日本人)の個人の事情でサロンのメンバーは殆ど集まれませんでした。活動も殆ど中止の状態でした。去年の夏前代管理人が横浜へ転職になったため、彼はこの日中交流サロンの管理人の役を私に引き継ぎました。このグループの特徴は自発・自由なので、管理とは言えないです。管理人といっても、ただ発信と宣伝をするだけです。引き継いでから、サロンは去年の夏から復活しました。継続的に開催し、中国語で気軽に日中会話交流はだんだん賑やかになってきました。それ以降、サロンは、月に一回開催する「関西漢語角」という日中交流活動で知り合った元毎日新聞社記者・現在関西華文時報社ボランティアの記者である村上さんから注目され、取材されました。最後、記事を書かれて関西華文時報1月1日号に掲載されました。

昨今、中国語を習い、中国へ留学・仕事・生活した経験があり、中国語が中国人と同様に喋れる日本の若者も増えてきていると感じます。また、草の根の交流を進めることが楽しいことだと思いますね。

忘年会で当たったホームベーカリー

Posted by : inagi.

前日行われた忘年会のビンゴ大会で特賞の「ホームベーカリー」が当たりました
これには奥さんも大喜び!!

pan01夜材料をいれて仕掛けておくと朝には焼きたてのパンが食べられるとあって、
家族みなワクワクしなががら次の朝を待ちました。

 

 

 

朝起きると焼けたパンのいい匂いが漂っています。

pan02pan03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中はフワフワ外はカリカリ!
あっという間に1斤食べてしまいました。

お餅も作れるみたいなので、今から楽しみです。

ちりめん細工

Posted by : matsumoto.

11日某日。
娘の七五三のお参りに行ってきました。
(娘は6歳ですが数え年でお祝いしました)

アクセサリー作りに凝っていましたが
娘の思い出作りに、とかんざしを作ってあげることにしました。
(…が、表向きの理由で本当は買うと、とても高いのです)

ちりめん細工のお花を何個か作って
1405301390484

丸くなるようにワイヤーで固定。
かんざし1

裏から見ると、素人仕事ですね(汗)
かんざし2

 

 

 

 

 

 

ほんの少しお化粧をして、髪をセットしてかんざしをつけてあげると、
はにかみながらも喜んでくれた娘。
ここまで大きな病気、ケガなく育ってくれたことに
感謝できた1日でした。
1415582907069

▲このページのトップへ